toggle
2017-04-10

4/10 こどもを笑うについて

こどもキッチンをスタートして間もない頃、

だから、もうかなり昔の話です。

 

 

卵を割る作業をする時、

子どもが卵を運んでいる途中でポトンって

床に落としてしまったんです。

 

 

床にぶちまけられた卵の黄身と白身・・。

子どもが無表情に立ち尽くす。

 

 

そのとき、スタッフが思わず笑いました。

「大丈夫よ~♪」と明るく掃除もしてくれました。

 

 

そして、その笑いになんだか違和感を感じた私。

 

無意識に笑ったわけだし、

それ事態には罪もあるわけではないし、

笑うに、いいも悪いもないと思うのですが、

 

こういう時、どうして大人は笑うのかな?

どうして笑いが出てくるのか?

 

って、思ったんです。

 

 

 

もし卵を落とした相手が、

自分が勤める会社の社長だった場合はどうか?

社長のキャラや、社長と自分との関係性にもよるかと思うけど、

きっと笑わないんじゃないかな?

 

 

笑ったら失礼、という感覚かも。

それって、社長を大きな存在として扱っているからかも。

 

裏を返せば、

子どもを自分よりもずっと小さい存在として扱うから思わず笑う。

「まだまだなのね~あなた。」

「自分よりもできない人なのね~君は。」

 

 

そうやって自分の優位性を感じながら、

子どもを笑っているのかも。

 

って思ったの。

 

 

子どもは

まだやったことがないから、不慣れだから

うまくできないだけ。

 

失敗から学ぶこと、失敗からしか学べないことって

って、実はめちゃ色々あるんですよね。

その他の記事