toggle
2017-07-31

7/31今日のひとこと

夏休みは

ご飯づくりが1回増える、掃除が進まない、
日中におでかけしようにも、帰宅時間を早めて、
家にいてあげたい。

・・・てな感じに、いつものペースが崩れています。
暑さも手伝い、イライラポイントが増える。

そんな今日。

小学校のプールにも行かずに家にいる次女が
「うさぎが飼いたい!」と言う。

「うちマンションやから動物飼ったらあかんし、
私は飼いたくないし、
動物を飼えば飼うほど家が汚れるし、
あなたは楽しくても、私は本当に楽しくないねん。
金魚と文鳥とハムスターで、もう十分。」

そう言うと、彼女は、激怒。

「ガマンしてね」と言うと
泣き声はさらにヒートアップ。
10分くらい泣いたら、もうケロリ。

だんなさんと一緒に川遊びに出かけました。

子どもに泣かれると、やっぱりしんどい感情が湧きます。

叶えてあげたい気持ち。
泣くのを止めて欲しい気持ち。
この場から逃れたい感覚。

そして、子どもが泣くのは、
しゃべってるのと同じなんですね。

飼ってくれ-!
飼って欲しいっていってるんだー!
お年玉からお金出すっていってるし、私が世話するって言ってるんだ-!

ってね。

そして、子どもって湧いてくる感情から逃げないから
泣ききった後、スッキリした感じになってる。

泣くことは、良い悪いじゃなくて、必要なんやな、って思う。

子どもは泣いて当たり前。
自然なことです。

こどもキッチン主宰 石井由紀子

その他の記事